坐骨神経痛って、ツラいですよね( ;∀;)

あのビリビリした感じがたまらない…
私の父親が10年ほど前から坐骨神経痛なんです。
なので、私が鍼灸師の資格を取ったときから、いや、学生時代から家で治療させられてました( ・∀・)
今思うととても良い勉強をさせてもらってましたね!!
坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを指します。

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれがあらわれるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

原因

年齢が若い場合は、腰椎椎間板ヘルニアが多く、高齢になると、ほとんどが腰部脊柱管狭窄を原因として発症します。あとは、梨状筋が固くなることによって坐骨神経が圧迫されるためです。

腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアとも腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって坐骨神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれを引き起こします。

対処方法

上の図の様に股関節の内旋(内股)が強くなると痛みが出やすいので、外旋位(外股・がに股)に近づけることで痛みが出にくくすることが出来ます。

朝起きたときとか、疲れが出てきた頃に股関節や足首を内向けたり外向けたりすると、緩和されますよ。

それでも治りが悪いという方は治療院で施術を受けることをオススメします。

いのたに鍼灸整体院

TEL:090-6067-6432

MAIL:aiwa.chiryo@gmail.com

LINE@:https://line.me/R/ti/p/%40tkm6768l