足のむくみが、気になりませんか?

足が太くなってしまう、だるさを感じてしまう、痛みがある。このような辛さを伴う足のむくみは、生活の様々な場面で発生してしまいます。

○デスクワークで運動不足
○立ち仕事をしている
○冷房が強い部屋で過ごしている
○冷たいお酒が好き
○湯船につからない
○しょっぱい食べ物が好き

運動不足、身体の冷えが足のむくみに影響

運動不足、冷えによって、身体を正常に保つ機能が壊れてしまいます。
一体、どのようなからくりがあるのでしょうか。

足の静脈弁が動かないから

静脈弁(じょうみゃくべん)とは、静脈の中で血液を心臓に向けて送るための弁を指します。この静脈弁は、筋肉が運動することによって、作用しますが、女性は男性よりも筋力が少ない上、冷えやすいために、弁が機能しづらくなり、その結果血液がたまり、むくみやすくなってしまいます。

リンパの流れが滞ってしまうから

リンパには体内で殺した細菌や、老廃物を流してくれる役割がありますが、冷えや運動不足などにより、血流が悪くなり、リンパの流れも滞ってしまいます。それによって、老廃物が溜まってしまい、むくみが現れてしまうのです。

腎臓の働きが弱ってしまうから

自律神経の乱れにより、身体の水分調整をしてくれる腎臓の機能も低下します。その結果、体内の水分濃度を正常に保つ機能が働かなくなってしまい、水分が体外に排出されにくくなることによって、むくみが現れてしまいます。

東洋医学から診るむくみ

東洋医学では、むくみを「浮腫」といい、水がたまる状態を指します。以下のような身体の変調が引き起こすとされています。

脾虚

食べ物を消化し、身体全体に栄養を運ぶ機能を、東洋医学では脾と呼びます。
この脾の役割が衰えてしまうことで、栄養分を体内で消化しづらくなってしまいます。そのため、水分の代謝に必要なパワーも足りなくなり、水分の排出機能が弱ってしまいます。つまり、体内に水がたまりやすくなってしまうのです。
そこで、浮腫という症状が出てきてしまうのです。

腎虚

「腎」は、成長、発育、生殖といった、身体の根本的な機能を持っています。
このほか、水の代謝をコントロールする機能も持っています。この腎の働きが弱くなってしまうことで、お身体の成長が止まってしまい、老化現象が起こってしまいます。この老化現象によって、さらに腎の役割が弱くなってしまい、水分の代謝機能が弱くなってしまいます。このような悪循環によって、足のむくみがさらに深刻になってしまうのです。

当院の治療

足のむくみは、冷たい飲み物の取りすぎや、運動不足など、様々な要因が絡まる事によって、引き起こされます。そのため、まずは身体の中で何が起こっているのかを見極めながら、対策を考えていくことが肝心です。
CALISTAでは、お客様にご記入カルテの内容を踏まえた入念なカウンセリングや、脈診や腹診によって、お身体やお客様のライフスタイルを把握します。
さらに普段の生活環境やもともとの体質から原因を特定し、その上で施術を行っていきます。ご自身と向き合っていただく場として、ぜひ当院をご利用ください。

 

いのたに鍼灸整体院が診るむくみ

当院で鍼灸治療を行うなかで、よく見受けられる症状に行う治療をご紹介いたします。

【お客様が自覚されている症状】
腰から下が重く、だるい感覚がある。脚や腰が冷たい、痛い。水っぽいおりものが出る。

【当院の診方】
デスクワークでの長時間の勤務であったり、休日でも家の中に居る生活をしていることが原因。運動不足で筋肉が弱ってしまうことによって、筋肉や心臓の動きが低下。
東洋医学でいうと、身体の機能を司る五臓(肝・心・脾・肺・腎)のうち、全身に血液を送る役割を持っている心(=心臓)の機能が低下。この心の力が弱まり、血流が悪くなってしまうことで、体内の熱が全身に分散されなくなってしまった。そのために、足腰に血液が溜まってしまうことで、冷えや痛み、だるさがシグナルとして出てきてしまった。また、血流の停滞によって、水分を代謝する力が弱くなってしまうことで、おりものの質も水っぽくなってしまった。

【治療】
くるぶしにある水泉や、膝の内側にある陰陵線、足首にある中封、ひじの内側にある曲池を中心に鍼やお灸で刺激を与え、体内の血液循環を回復。特に足腰は冷えがあるため、お灸で温める。

 

 

Q&A

【質問】
下半身全体がだるく、足がパンパンにはれてしまい辛いです。こういった症状でも改善されますか?
【回答】
鍼灸でよくなります。また、むくみの原因は、お身体の冷えであったり、甘い食べ物のとりすぎによる内臓の疲れ、腎臓機能の低下など、様々あります。そのため、まずは脈や全身のツボ、お腹などの様子を診させていただいた上で、お身体の状態に合った治療を行わせていただきます。まずはお気軽に、ご相談ください。

【質問】
生理前になると、足がむくんでしまい、辛いです。施術を行ってもらうことによって、こういった症状も楽になりますか?
【回答】
鍼灸の治療を行うことによって、楽になります。施術を行わせていただく際にはふくらはぎやくるぶしにある、水分の代謝や、女性機能を司るつぼにアプローチしていくことによって、症状は軽減されます。
また、生理前の不調だということですので、定期的に辛い症状が出てきているかと思いますが、繰り返し施術を受けていただくことによって、体質を改善していくことができるようになります。生理前でも気分よく生活できるようにしていきましょう。

【質問】
毎日夕方になると足がむくんでしまい、痛くなってしまいます。日常生活で気を付けることはありますか?
【回答】
むくみは主にお身体が冷えてしまい、体内の水の循環が悪くなってしまうために引き起こされます。そのため、まずは下半身を冷やさずに、血流を良くしておくことが大切です。外でストッキングやタイツ一枚で歩いていても、オフィスなどの室内に入ったら靴下やレッグウォーマーを履くようにするだけでも、辛さが軽減されます。当院では、ご家庭でお試しいただける簡単なケアもご紹介させていただいております。お気軽にご相談ください。

 

おすすめの施術

むくみ治療は、まず原因を探ります。
冷えからきているむくみであれば、まずはお身体をお灸で温め、全身の血流を良くします。
骨盤の歪みからきているものであれば、骨盤ストレッチやマッサージで筋肉や骨盤周りのツボの通り道(経絡)を通していきます。

大切なのは代謝を上げること。
むくみをとるだけでなく、むくみにくいお身体づくりを目指していきます。